フレックスも可能か 介護による短時間勤務

2019.05.08
  • TL
  • ツイート
  • シェア
  • クリップしました

    クリップを外しました

    これ以上クリップできません

    クリップ数が上限数の100に達しているため、クリップできませんでした。クリップ数を減らしてから再度クリップ願います。

    マイクリップ一覧へ

    申し訳ございません

    クリップの操作を受け付けることができませんでした。しばらく時間をおいてから再度お試し願います。

Q

 介護のために短時間勤務制度を利用させる必要が生じた社員が、業務の性質上「フレックスタイムの方が活用しやすい」と申し出てきました。育児で短時間勤務制度を利用する場合は、所定労働時間を6時間にしなければならず、フレックスタイムは使えないと認識していましたが、介護の場合は育児よりも厳密な決まりになっていないのでしょうか。【宮崎・A社】

A

育児と異なり選択肢が多い

 要介護状態にある家族を介護する労働者に対する措置にはいくつかバリエーションがあり、所定労働時間の短縮のほか、時差出勤やフレックスタイム制度の適用も選択できます。原則として対象家族1人につき、…

この記事の全文は、労働新聞・安全スタッフ電子版会員様のみご覧いただけます。

労働新聞・安全スタッフ電子版へログイン

労働新聞・安全スタッフ電子版は労働新聞・安全スタッフ購読者専用のサービスです。

詳しくは労働新聞・安全スタッフ電子版のご案内をご覧ください。

ジャンル:
令和元年5月6日第3207号16面 掲載

あわせて読みたい

ページトップ