女性に騒音業務? 就業制限の範囲は

2013.01.21
  • TL
  • シェア
  • ツイート
  • クリップしました

    クリップを外しました

    これ以上クリップできません

    クリップ数が上限数の100に達しているため、クリップできませんでした。クリップ数を減らしてから再度クリップ願います。

    マイクリップ一覧へ

    申し訳ございません

    クリップの操作を受け付けることができませんでした。しばらく時間をおいてから再度お試し願います。

Q

 当社の製造現場は、騒音が発生し、これまで男性従業員のみが従事していました。このたび人員補充の求人を行ったところ、女性の応募者がありました。騒音業務は就業制限の対象だったようにも記憶するのですが、女性則をみても見当たりません。法律上、問題ないのでしょうか。【大阪・N社】

A

妊産婦含め規制はなし

 労基法の第6章では年少者保護、第6章の2では妊産婦保護に関する規定を置いています。どちらにも「危険有害業務の就業制限」という見出しを持つ条文が存在しますが、列挙する業務の範囲は異なります。…

この記事の全文は、労働新聞・安全スタッフ電子版会員様のみご覧いただけます。

労働新聞・安全スタッフ電子版へログイン

労働新聞・安全スタッフ電子版は労働新聞・安全スタッフ購読者専用のサービスです。

詳しくは労働新聞・安全スタッフ電子版のご案内をご覧ください。

平成25年1月21日第2905号16面 掲載

あわせて読みたい

ページトップ