専門職でも周知必要か 正社員の採用募集で

2015.08.10
  • TL
  • シェア
  • ツイート
  • クリップしました

    クリップを外しました

    これ以上クリップできません

    クリップ数が上限数の100に達しているため、クリップできませんでした。クリップ数を減らしてから再度クリップ願います。

    マイクリップ一覧へ

    申し訳ございません

    クリップの操作を受け付けることができませんでした。しばらく時間をおいてから再度お試し願います。

Q

 経理部の正社員に欠員ができ、募集を行いました。簿記の有資格者に限定しているため特にオープンにしなかったのですが、この話を知ったあるパート社員が募集に応じたいといっており、実は簿記の資格も有しているとのことです。正社員を募る際にパートへの周知義務が課されていることは聞いていましたが、専門的な業務に関する募集でも全て周知しなければいけなかったのでしょうか。【岩手・H社】

A

該当者いれば周知義務あり

 短時間労働者から通常の労働者への転換を促進する趣旨で、事業主には一定の措置を講じる義務が課されています(パート法13条)。…

この記事の全文は、労働新聞・安全スタッフ電子版会員様のみご覧いただけます。

労働新聞・安全スタッフ電子版へログイン

労働新聞・安全スタッフ電子版は労働新聞・安全スタッフ購読者専用のサービスです。

詳しくは労働新聞・安全スタッフ電子版のご案内をご覧ください。

ジャンル:
平成27年8月10日第3028号16面 掲載
ページトップ