パートと比較する正社員は? 「同視すべき者」どう判断 有期契約者も差別的扱い禁止

2014.09.01
  • TL
  • シェア
  • ツイート
  • クリップしました

    クリップを外しました

    これ以上クリップできません

    クリップ数が上限数の100に達しているため、クリップできませんでした。クリップ数を減らしてから再度クリップ願います。

    マイクリップ一覧へ

    申し訳ございません

    クリップの操作を受け付けることができませんでした。しばらく時間をおいてから再度お試し願います。

Q

 パート労働法の改正により、「正社員と同視すべきパート」の範囲が広がるという記事をみました(平成26年7月28日付本紙16面)。同じ正社員といっても、将来の幹部候補か否か等によって待遇も大きく異なります。この場合、対象の比較となる「正社員」について、どのような範囲を想定すればよいのでしょうか。【愛知・R社】

A

業務の種類で範囲絞る

 改正前のパート労働法8条では、①職務の内容、②契約期間、③人材活用の仕組みの3要件が「通常の労働者と同一」のパートについて、差別的取扱いを禁止していました。改正法(平成27年4月1日施行予定)では、このうち②の要件を…

この記事の全文は、労働新聞・安全スタッフ電子版会員様のみご覧いただけます。

労働新聞・安全スタッフ電子版へログイン

労働新聞・安全スタッフ電子版は労働新聞・安全スタッフ購読者専用のサービスです。

詳しくは労働新聞・安全スタッフ電子版のご案内をご覧ください。

ジャンル:
平成26年9月1日第2983号16面 掲載
ページトップ