均衡待遇義務が厳格化? 来年の改正法施行を受けて

2014.09.15
Q

 パート労働法が改正され、均衡待遇に関する規制が厳しくなると聞きます。従来とどのような点が異なるのでしょうか。法律に違反した企業は、ペナルティーを受けるのでしょうか。【岡山・V社】

A

有期無期問わず差別禁止 違反した企業名も公表へ

 改正パート労働法は、平成27年4月1日の施行が予定されています。まず、均衡待遇に関して注意すべきなのは、次の2点です。

 ① 「職務の内容」と「人材活用の仕組み(転勤・職務転換・昇進等)」が正社員と同一のパートについて、「差別的取り扱いを禁止」(改正前は「無期契約である」ことも要件とされていましたが、削除されています。改正後の9条。以下、条文の番号は改正後のものを用います)…

この記事の全文は、読者専用サイトにてご覧いただけます。
読者専用サイトへログイン 読者専用サイトへはこちらからログインしてください。
※読者専用サイトは、定期刊行物(労働新聞または安全スタッフ)の購読者専用のサイトです。詳細・利用方法は、読者専用サイトのご案内をご覧ください。
ジャンル:
掲載 : 安全スタッフ 平成26年9月15日第2218号
ページトップ