適用され得る場面は 差別的取扱いの禁止

2016.06.20
  • TL
  • シェア
  • ツイート
  • クリップしました

    クリップを外しました

    これ以上クリップできません

    クリップ数が上限数の100に達しているため、クリップできませんでした。クリップ数を減らしてから再度クリップ願います。

    マイクリップ一覧へ

    申し訳ございません

    クリップの操作を受け付けることができませんでした。しばらく時間をおいてから再度お試し願います。

Q

 改正で、パートと正社員の待遇に差をつけることを禁じる規定が強化されましたが、具体的にはどのような場合に適用されるのでしょうか。【神奈川・A社】

A

職務等が実質同一なら該当

 パートタイマーと通常の労働者との待遇の相違は、両者の「職務の内容」とその「職務の内容及び配置の変更の範囲その他の事情」を考慮して、…

この記事の全文は、労働新聞・安全スタッフ電子版会員様のみご覧いただけます。

労働新聞・安全スタッフ電子版へログイン

労働新聞・安全スタッフ電子版は労働新聞・安全スタッフ購読者専用のサービスです。

詳しくは労働新聞・安全スタッフ電子版のご案内をご覧ください。

ジャンル:
平成28年6月20日第3069号16面 掲載
ページトップ