パートの相談担当は セクハラなど窓口一括

2018.08.20
  • TL
  • ツイート
  • シェア
  • クリップしました

    クリップを外しました

    これ以上クリップできません

    クリップ数が上限数の100に達しているため、クリップできませんでした。クリップ数を減らしてから再度クリップ願います。

    マイクリップ一覧へ

    申し訳ございません

    クリップの操作を受け付けることができませんでした。しばらく時間をおいてから再度お試し願います。

Q

 当社では、セクハラの相談窓口は整備しています。パートを採用する際、労働条件通知書にも同じ相談窓口を明示していますがこれでいいのでしょうか。【鳥取・D社】

A

待遇格差で説明必要に

 ハラスメント対応全般に関して、均等法の通達(平26・7・24雇児発0724第1号)では、相談窓口の一元化を推奨しています。様ざまなハラスメントが複合的に生じているとの指摘もあり、労働者にとっては1つの窓口で相談できる方が利便性が高く、また解決にもつながりやすいとしています。…

この記事の全文は、労働新聞・安全スタッフ電子版会員様のみご覧いただけます。

労働新聞・安全スタッフ電子版へログイン

労働新聞・安全スタッフ電子版は労働新聞・安全スタッフ購読者専用のサービスです。

詳しくは労働新聞・安全スタッフ電子版のご案内をご覧ください。

ジャンル:
平成30年8月20日第3173号16面 掲載

あわせて読みたい

ページトップ