海外長いと年金少ない? ボランティアで長期滞在

2019.04.26
  • TL
  • シェア
  • ツイート
  • クリップしました

    クリップを外しました

    これ以上クリップできません

    クリップ数が上限数の100に達しているため、クリップできませんでした。クリップ数を減らしてから再度クリップ願います。

    マイクリップ一覧へ

    申し訳ございません

    クリップの操作を受け付けることができませんでした。しばらく時間をおいてから再度お試し願います。

Q

 海外でのボランティアに関心があり、機会があれば積極的に青年海外協力隊員として参加したいと考えています。ただ年金に詳しい人から、「あまり海外在住が長くなると、年金がもらえても額が低くなる」という話を聞き、少し不安です。何か有効な対策は立てられるでしょうか。【福島・Y生】

A

任意加入で金額増やせる 障害負った場合にも利点

 国民年金の被保険者が海外に移住する場合、企業等に雇用される第2号被保険者またはその被扶養配偶者である第3号被保険者であれば、そのまま被保険者資格は継続します。しかし、自営業者等の第1号被保険者は海外に居住地を移すと日本の年金制度からは外れ、被保険者資格を喪失することになります(国年法9条)。それまで企業等に勤めていても、青年海外協力隊に参加するため勤め先を退職すると第1号被保険者になります。…

この記事の全文は、労働新聞・安全スタッフ電子版会員様のみご覧いただけます。

労働新聞・安全スタッフ電子版へログイン

労働新聞・安全スタッフ電子版は労働新聞・安全スタッフ購読者専用のサービスです。

詳しくは労働新聞・安全スタッフ電子版のご案内をご覧ください。

ジャンル:
2019年5月1日第2329号 掲載

あわせて読みたい

ページトップ