男性配偶者に対象拡大? 法改正後の遺族基礎年金

2014.04.01
  • TL
  • シェア
  • ツイート
  • クリップしました

    クリップを外しました

    これ以上クリップできません

    クリップ数が上限数の100に達しているため、クリップできませんでした。クリップ数を減らしてから再度クリップ願います。

    マイクリップ一覧へ

    申し訳ございません

    クリップの操作を受け付けることができませんでした。しばらく時間をおいてから再度お試し願います。

Q

 遺族基礎年金が、「父子家庭」にも支給されるようになったという話を聞きました。当社の男性従業員の中には、奥さんが専業主婦で子どもがおられるという家族構成の方がたくさんおられます。奥さんがお亡くなりになれば、年金の対象になるという意味でしょうか。【東京・O社】

A

3号被保険者死亡でも支給 生計維持要件は双方必要

 遺族基礎年金は、従来、「妻または子」が支給対象とされていました(改正前の国民年金保険法37条)。妻・子については、死亡した被保険者(被保険者であった者)と生計維持関係があり、かつ以下の基準も満たす必要があると規定されていました(同37条の2)。…

この記事の全文は、労働新聞・安全スタッフ電子版会員様のみご覧いただけます。

労働新聞・安全スタッフ電子版へログイン

労働新聞・安全スタッフ電子版は労働新聞・安全スタッフ購読者専用のサービスです。

詳しくは労働新聞・安全スタッフ電子版のご案内をご覧ください。

ジャンル:
平成26年4月1日第2207号 掲載

あわせて読みたい

ページトップ