免除と猶予どちらが得か 失業で保険料負担大きい

2018.07.31
  • TL
  • ツイート
  • シェア
  • クリップしました

    クリップを外しました

    これ以上クリップできません

    クリップ数が上限数の100に達しているため、クリップできませんでした。クリップ数を減らしてから再度クリップ願います。

    マイクリップ一覧へ

    申し訳ございません

    クリップの操作を受け付けることができませんでした。しばらく時間をおいてから再度お試し願います。

Q

 失業した際、国民年金の保険料に関しては、免除と猶予の2種類があるようです。この2つの仕組みにはどんな違いがあって、どちらを選択するのが得なのでしょうか。【神奈川・K生】

A

免除は年金額が一部加算 50歳未満に猶予拡大

 日本国内に住所を有する20歳以上60歳未満の人は、国民年金に強制加入です。失業中で、厚生年金被保険者の被扶養者でなければ、第1号被保険者として保険料を納める必要があります。保険料納付が困難な場合、ご質問にあるように免除と猶予の2種類の救済措置があります。…

この記事の全文は、労働新聞・安全スタッフ電子版会員様のみご覧いただけます。

労働新聞・安全スタッフ電子版へログイン

労働新聞・安全スタッフ電子版は労働新聞・安全スタッフ購読者専用のサービスです。

詳しくは労働新聞・安全スタッフ電子版のご案内をご覧ください。

ジャンル:
平成30年8月1日第2311号 掲載

あわせて読みたい

ページトップ