給付制限の対象になる? 若手従業員同士がケンカ

2015.03.15
  • TL
  • シェア
  • ツイート
  • クリップしました

    クリップを外しました

    これ以上クリップできません

    クリップ数が上限数の100に達しているため、クリップできませんでした。クリップ数を減らしてから再度クリップ願います。

    マイクリップ一覧へ

    申し訳ございません

    クリップの操作を受け付けることができませんでした。しばらく時間をおいてから再度お試し願います。

Q

 独身寮内で、休日、若手従業員同士がケンカとなりました。共通の趣味について談笑中に片方が激高したもので、業務とは関係ありません。労災保険は適用外と思いますが、ケンカを理由とするケガで健康保険を使っても、問題ないのでしょうか。【千葉・M社】

A

第三者行為災害で処理も 保険者は加害者へ賠償請求

 健康保険は、「業務災害(労災保険法7条1条1号に規定する業務災害をいう)以外の疾病等」を対象として保険給付を行います(健保法1条)。

 しかし、保険給付に要する費用は、適用事業主・被保険者等の拠出によるものです。社会保険の公共性の見地から、一定の条件に該当するときは、給付の一部または全部を制限する規定を設けています。…

この記事の全文は、労働新聞・安全スタッフ電子版会員様のみご覧いただけます。

労働新聞・安全スタッフ電子版へログイン

労働新聞・安全スタッフ電子版は労働新聞・安全スタッフ購読者専用のサービスです。

詳しくは労働新聞・安全スタッフ電子版のご案内をご覧ください。

ジャンル:
平成27年3月15日第2230号 掲載

あわせて読みたい

ページトップ