被扶養者になる選択は? 大病患い退職するケース

2017.10.26
  • TL
  • シェア
  • ツイート
  • クリップしました

    クリップを外しました

    これ以上クリップできません

    クリップ数が上限数の100に達しているため、クリップできませんでした。クリップ数を減らしてから再度クリップ願います。

    マイクリップ一覧へ

    申し訳ございません

    クリップの操作を受け付けることができませんでした。しばらく時間をおいてから再度お試し願います。

Q

 大病を患い、退職を選択します。健康保険について、「任意継続の手続きを取るか、国民健康保険に加入するか、選択が必要」といわれました。そこで考えたのですが、妻がパートで働き始め、健保の被保険者となっています。私は病身なのですから、妻の被扶養者になるという方法もあるのではないでしょうか。【山口・D生】

A

生計維持関係あれば可能 傷手金含む「年収」で判断

 ご質問者は、妻の配偶者です。被保険者の配偶者であれば、生計維持関係にあることを条件に被扶養者になります(健保法3条7項1号)。

 被保険者と同居しているときは、本人の年収が130万円(60歳以上、障害厚生年金を受けられる障害者は180万円)未満で、被保険者の年収を上回らなければ(原則は半分未満)、生計維持関係にあると認められます。…

この記事の全文は、労働新聞・安全スタッフ電子版会員様のみご覧いただけます。

労働新聞・安全スタッフ電子版へログイン

労働新聞・安全スタッフ電子版は労働新聞・安全スタッフ購読者専用のサービスです。

詳しくは労働新聞・安全スタッフ電子版のご案内をご覧ください。

ジャンル:
平成29年11月1日第2293号 掲載
ページトップ