75歳到達時の手続きは? 役員が後期高齢者に該当

2014.03.01
  • TL
  • シェア
  • ツイート
  • クリップしました

    クリップを外しました

    これ以上クリップできません

    クリップ数が上限数の100に達しているため、クリップできませんでした。クリップ数を減らしてから再度クリップ願います。

    マイクリップ一覧へ

    申し訳ございません

    クリップの操作を受け付けることができませんでした。しばらく時間をおいてから再度お試し願います。

Q

 当社の取締役が、近く75歳に達します。この場合、奥さん(75歳未満)も含め、社会保険上、どのような手続きが必要になるのでしょうか。【大阪・U社】

A

年金事務所へ資格喪失届 年下の被扶養者は国保に

 まず、夫である取締役の方から確認します。健保法では、被保険者が「適用除外の規定に該当するに至ったとき」、健保資格を喪失すると定めています(36条)。適用除外の規定(同3条1項)の7号に、「後期高齢者医療の被保険者となったとき」が挙げられています。

 健保の資格を有し、現に健保適用事業所で使用されていても、原則75歳(寝たきり等の状態であれば65歳以上75歳未満)に達すれば、後期高齢者医療の被保険者に切り替わります。…

この記事の全文は、労働新聞・安全スタッフ電子版会員様のみご覧いただけます。

労働新聞・安全スタッフ電子版へログイン

労働新聞・安全スタッフ電子版は労働新聞・安全スタッフ購読者専用のサービスです。

詳しくは労働新聞・安全スタッフ電子版のご案内をご覧ください。

ジャンル:
平成26年3月1日第2205号 掲載
ページトップ