7月でも随時改定するか 4月に大幅な賃上げ

2014.07.01
  • TL
  • シェア
  • ツイート
  • クリップしました

    クリップを外しました

    これ以上クリップできません

    クリップ数が上限数の100に達しているため、クリップできませんでした。クリップ数を減らしてから再度クリップ願います。

    マイクリップ一覧へ

    申し訳ございません

    クリップの操作を受け付けることができませんでした。しばらく時間をおいてから再度お試し願います。

Q

 今年の定期昇給ですが、昨年、中途採用した従業員が大変優秀なので、大幅な賃上げを実施しました。4月昇給の場合であっても、随時改定の手続きが必要でしょうか。4~6月の賃金の平均を用いるのですから、通常の定時決定と同じです。他の従業員と合わせ、定時決定で済ませるのは認められないのでしょうか。【栃木・I社】

A

定時決定に優先して適用 標準報酬月額変更も早い

 標準報酬月額の決定・改定について、現在、次の5種類の規定が存在します。

 ① 定時決定(健保法41条)
 ② 資格取得時決定(42条)
 ③ 随時改定(43条)
 ④ 育児休業の終了時の改定(43条の2)
 ⑤ 産前産後休業の終了時の改定(43条の3)

 ⑤は、…

この記事の全文は、労働新聞・安全スタッフ電子版会員様のみご覧いただけます。

労働新聞・安全スタッフ電子版へログイン

労働新聞・安全スタッフ電子版は労働新聞・安全スタッフ購読者専用のサービスです。

詳しくは労働新聞・安全スタッフ電子版のご案内をご覧ください。

ジャンル:
平成26年7月1日第2213号 掲載
ページトップ