交通費増加で随時改定? 通勤手当は除外しないのか

2013.09.15
  • TL
  • シェア
  • ツイート
  • クリップしました

    クリップを外しました

    これ以上クリップできません

    クリップ数が上限数の100に達しているため、クリップできませんでした。クリップ数を減らしてから再度クリップ願います。

    マイクリップ一覧へ

    申し訳ございません

    クリップの操作を受け付けることができませんでした。しばらく時間をおいてから再度お試し願います。

Q

 従業員が遠隔地に住宅を買って、引っ越しました。それに伴い、住宅手当と通勤手当がアップしたため、随時改定の手続きを採りました。しかし本人は、住宅手当はともかく、通勤手当の増加によって標準報酬月額等級が上がる(保険料が上がる)のは納得がいかないと抗議しています。通勤手当を除いて処理できるのでしょうか。【東京・I社】

A

社会保険上は報酬になる 制度ごとに異なる扱い

 報酬に著しい高低が生じたときは、標準報酬月額の改定(随時改定)が必要となります(健保法43条)。報酬とは、「賃金、給料、俸給、手当、賞与その他名称を問わず、労働の対象として受け取るものをいう。ただし、臨時・3カ月を超える期間ごとに受けるものはこの限りでない」と定義されています(同3条5項)。…

この記事の全文は、労働新聞・安全スタッフ電子版会員様のみご覧いただけます。

労働新聞・安全スタッフ電子版へログイン

労働新聞・安全スタッフ電子版は労働新聞・安全スタッフ購読者専用のサービスです。

詳しくは労働新聞・安全スタッフ電子版のご案内をご覧ください。

ジャンル:
平成25年9月15日第2194号 掲載
ページトップ