経営事項の審査が厳格に 「社保未加入問題」受け

2013.07.01
  • TL
  • シェア
  • ツイート
  • クリップしました

    クリップを外しました

    これ以上クリップできません

    クリップ数が上限数の100に達しているため、クリップできませんでした。クリップ数を減らしてから再度クリップ願います。

    マイクリップ一覧へ

    申し訳ございません

    クリップの操作を受け付けることができませんでした。しばらく時間をおいてから再度お試し願います。

Q

 いわゆる社会保険未加入問題で、保険未加入企業に対する経営事項審査の評価が厳しくなったと聞きましたがどんな内容でしょうか。【広島・H社】

A

減点幅最大で2倍に 健保と厚年を項目分割

 本誌6月1日号53ページで記載したとおり、経営事項の審査項目およびウエイト(総合評価値に占める割合)は、それぞれ「経営規模、0.25)」「経営状況、0.15」「技術力、0.25」「その他の審査項目、0.15」となっていましたが、具体的審査項目および項目区分ごとの見直しが行われ、平成23年4月より施行されています。

 その中で「その他の審査項目」については表1のように変更になりました。…

この記事の全文は、労働新聞・安全スタッフ電子版会員様のみご覧いただけます。

労働新聞・安全スタッフ電子版へログイン

労働新聞・安全スタッフ電子版は労働新聞・安全スタッフ購読者専用のサービスです。

詳しくは労働新聞・安全スタッフ電子版のご案内をご覧ください。

ジャンル:
平成25年7月1日第2189号 掲載
ページトップ