法改正の変更点を教えて 許可業種に解体工事追加

2014.11.01
  • TL
  • シェア
  • ツイート
  • クリップしました

    クリップを外しました

    これ以上クリップできません

    クリップ数が上限数の100に達しているため、クリップできませんでした。クリップ数を減らしてから再度クリップ願います。

    マイクリップ一覧へ

    申し訳ございません

    クリップの操作を受け付けることができませんでした。しばらく時間をおいてから再度お試し願います。

Q

 最近、建設業法が改正されたと聞きました。建設業の許可業種区分に解体工事業が新設されるほか、主にどのような内容となっているのでしょうか。【岩手・H社】

A

公共工事はすべて台帳必要 区分変更には経過措置

 現在および将来にわたる建設工事の適正な施工および品質の確保と、その担い手の確保を目的として、「公共工事の品質確保の促進に関する法律」(品確法)の一部が改正されました。平成26年6月4日に公布され、即日施行されました。これに伴い「建設業法」、「公共工事の入札及び契約の適正化の促進に関する法律」(入契法)、「浄化槽法」、「建設工事に係る資材の再資源化等に関する法律」(建設リサイクル法)の一部も改正され、同日公布されました。こちらは、段階的に施行されます。建設業法の主な改正点は、以下のとおりです。…

この記事の全文は、労働新聞・安全スタッフ電子版会員様のみご覧いただけます。

労働新聞・安全スタッフ電子版へログイン

労働新聞・安全スタッフ電子版は労働新聞・安全スタッフ購読者専用のサービスです。

詳しくは労働新聞・安全スタッフ電子版のご案内をご覧ください。

ジャンル:
平成26年11月1日第2221号 掲載
ページトップ