工事の一括下請負とは? なぜ禁止されているのか

2013.10.01
  • TL
  • ツイート
  • シェア
  • クリップしました

    クリップを外しました

    これ以上クリップできません

    クリップ数が上限数の100に達しているため、クリップできませんでした。クリップ数を減らしてから再度クリップ願います。

    マイクリップ一覧へ

    申し訳ございません

    クリップの操作を受け付けることができませんでした。しばらく時間をおいてから再度お試し願います。

Q

 建設工事では、いわゆる「丸投げ(一括下請負)」は禁止されていると聞きます。丸投げはなぜいけないのでしょうか、またどのような内容なのでしょうか。【広島・T社】

A

発注者の信頼裏切る 完成品が良質でもダメ

 建設業法22条1項では「建設業者は、その請け負った建設工事を、いかなる方法をもってするかを問わず、一括して他人に請け負わせてはならない」、2項では「建設業を営む者は、建設業者から当該建設業者の請け負った建設工事を一括しては請け負ってはならない」と定めています。なお、元請人があらかじめ発注者の書面による承諾を受けた場合には、この限りではありません(同条3項)。同条1項、2項の趣旨は以下のとおりです。…

この記事の全文は、労働新聞・安全スタッフ電子版会員様のみご覧いただけます。

労働新聞・安全スタッフ電子版へログイン

労働新聞・安全スタッフ電子版は労働新聞・安全スタッフ購読者専用のサービスです。

詳しくは労働新聞・安全スタッフ電子版のご案内をご覧ください。

ジャンル:
平成25年10月1日第2195号 掲載

あわせて読みたい

ページトップ