追加費用は下請け負担? 工期が遅れ増員して対応

2018.04.25
  • TL
  • シェア
  • ツイート
  • クリップしました

    クリップを外しました

    これ以上クリップできません

    クリップ数が上限数の100に達しているため、クリップできませんでした。クリップ数を減らしてから再度クリップ願います。

    マイクリップ一覧へ

    申し訳ございません

    クリップの操作を受け付けることができませんでした。しばらく時間をおいてから再度お試し願います。

Q

 元請けの施工管理不足で全体工程が遅れました。当社では工程回復のため作業員を増やし対応しましたがその費用は負担させられました。元請けに請求できないでしょうか。【長野・O社】

A

不当な請負代金のおそれ 「契約変更」書面化を

 建設業法19条1項は、請負契約の当事者は工事内容や請負金額等を記載した請負契約書を作成しなければならず、また2項において請負契約の内容で前項に掲げた事項に該当するものを変更するときは、その変更の内容を書面に記載し、署名または記名押印をして相互に交付しなければならないと定めています。

 「建設業法令遵守ガイドライン(第5版)平29・3」は、法19条2項に違反するケースとして以下の例を挙げています。

(1)工期が変更になり書面による変更契約を行わなかった場合

この記事の全文は、労働新聞・安全スタッフ電子版会員様のみご覧いただけます。

労働新聞・安全スタッフ電子版へログイン

労働新聞・安全スタッフ電子版は労働新聞・安全スタッフ購読者専用のサービスです。

詳しくは労働新聞・安全スタッフ電子版のご案内をご覧ください。

ジャンル:
平成30年5月1日第2305号 掲載

あわせて読みたい

ページトップ