元請負の実質的関与とは 「丸投げ」とされないために

2013.11.01
  • TL
  • シェア
  • ツイート
  • クリップしました

    クリップを外しました

    これ以上クリップできません

    クリップ数が上限数の100に達しているため、クリップできませんでした。クリップ数を減らしてから再度クリップ願います。

    マイクリップ一覧へ

    申し訳ございません

    クリップの操作を受け付けることができませんでした。しばらく時間をおいてから再度お試し願います。

Q

 10月1日号57ページの建設工事の丸投げ(一括下請負)の禁止で質問があります。丸投げに該当しないようにするには、元請負人が工事の実施に実質的に関与する必要があるということですが、「実質的に関与」とはどのようなことをいうのでしょうか。【大阪・H社】

A

総合的な企画や管理行う 技術者は直接雇用の必要

 「実質的に関与」とは、元請負人が自ら総合的に企画、調整、および指導(施工計画の総合的な企画、工事全体の的確な施工を確保するための工程管理および安全管理、工事目的物、工事仮設物、工事用資材等の品質管理、下請負人間の施工の調整、下請負人に対する技術指導、監督等)を行うことをいいます。単に現場に監理技術者または主任技術者(以下、技術者という)を置いているだけではこれに該当せず、…

この記事の全文は、労働新聞・安全スタッフ電子版会員様のみご覧いただけます。

労働新聞・安全スタッフ電子版へログイン

労働新聞・安全スタッフ電子版は労働新聞・安全スタッフ購読者専用のサービスです。

詳しくは労働新聞・安全スタッフ電子版のご案内をご覧ください。

ジャンル:
平成25年11月1日第2197号 掲載

あわせて読みたい

ページトップ