施工体制台帳はどう記載 外国人労働者が増加傾向

2018.09.27 【建設業法】
  • TL
  • ツイート
  • シェア
  • クリップしました

    クリップを外しました

    これ以上クリップできません

    クリップ数が上限数の100に達しているため、クリップできませんでした。クリップ数を減らしてから再度クリップ願います。

    マイクリップ一覧へ

    申し訳ございません

    クリップの操作を受け付けることができませんでした。しばらく時間をおいてから再度お試し願います。

Q

 最近建設現場に外国人労働者が多く見受けられるようになっていますが、今までとルールが変わったのでしょうか。また施工体制台帳にどう記入するのでしょうか。【千葉・D社】

A

就労者と実習生で別に 五輪関連の時限措置あり

 外国人の技能実習の適正な実施及び技能実習生の保護に関する法律(技能実習法)が2017年11月1日に施行されました。

 技能実習法に基づく新たな外国人技能実習制度では、技能実習の適正な実施や技能実習生の保護の観点から、監理団体の許可制や技能実習計画の認定制等が新たに導入された一方、優良な監理団体・実習実施者に対しては実習期間の延長や受入れ人数枠の拡大などの制度の拡充も図られています。技能実習制度の目的・趣旨は、…

この記事の全文は、労働新聞・安全スタッフの定期購読者様のみご覧いただけます。
▶定期購読のご案内はこちら

労働新聞・安全スタッフ電子版へログイン

労働新聞・安全スタッフ電子版は労働新聞・安全スタッフ購読者専用のサービスです。

詳しくは労働新聞・安全スタッフ電子版のご案内をご覧ください。

関連キーワード:
    平成30年10月1日第2315号 掲載

    あわせて読みたい

    ページトップ