請負契約は書面が必要か 建設工事における受注の場合

2013.08.01
  • TL
  • シェア
  • ツイート
  • クリップしました

    クリップを外しました

    これ以上クリップできません

    クリップ数が上限数の100に達しているため、クリップできませんでした。クリップ数を減らしてから再度クリップ願います。

    マイクリップ一覧へ

    申し訳ございません

    クリップの操作を受け付けることができませんでした。しばらく時間をおいてから再度お試し願います。

Q

 建設工事を請け負うときには、口頭契約ではダメで書類の取り交わしが必要なのでしょうか。【福島・S社】

A

紛争防止のため文書化を 「モデル約款」参考に

 民法632条では、請負契約は両者の合意によって成立する諾成契約とされており何らの様式を必要としません。従って口頭契約だけでも効力は生じますが、それでは内容が不明確、不正確となり、後日紛争の原因ともなります。…

この記事の全文は、労働新聞・安全スタッフ電子版会員様のみご覧いただけます。

労働新聞・安全スタッフ電子版へログイン

労働新聞・安全スタッフ電子版は労働新聞・安全スタッフ購読者専用のサービスです。

詳しくは労働新聞・安全スタッフ電子版のご案内をご覧ください。

ジャンル:
平成25年8月1日第2191号 掲載
ページトップ