工事代金が払われない? 契約内容の認識に差異

2016.11.01
  • TL
  • シェア
  • ツイート
  • クリップしました

    クリップを外しました

    これ以上クリップできません

    クリップ数が上限数の100に達しているため、クリップできませんでした。クリップ数を減らしてから再度クリップ願います。

    マイクリップ一覧へ

    申し訳ございません

    クリップの操作を受け付けることができませんでした。しばらく時間をおいてから再度お試し願います。

Q

 最近相手方から工事代金を払ってもらえない事態が発生しました。契約関係に考え方の相違があるように思えます。何か良い方法はないでしょうか。【宮城・H社】

A

ADR機関で調停可能 工事の許可区分別に管轄

 建設業法25条1項に基づき、建設工事紛争審査会が設置されています。審査会は、国土交通省および各都道府県に設置され、建設工事の請負契約に関する紛争の処理を行う準司法的機関(ADR(裁判外紛争処理)機関)です。…

この記事の全文は、労働新聞・安全スタッフ電子版会員様のみご覧いただけます。

労働新聞・安全スタッフ電子版へログイン

労働新聞・安全スタッフ電子版は労働新聞・安全スタッフ購読者専用のサービスです。

詳しくは労働新聞・安全スタッフ電子版のご案内をご覧ください。

ジャンル:
平成28年11月1日第2269号 掲載

あわせて読みたい

ページトップ