工期の他にも重要事項? 下請けに見積もり依頼

2017.08.29
  • TL
  • ツイート
  • シェア
  • クリップしました

    クリップを外しました

    これ以上クリップできません

    クリップ数が上限数の100に達しているため、クリップできませんでした。クリップ数を減らしてから再度クリップ願います。

    マイクリップ一覧へ

    申し訳ございません

    クリップの操作を受け付けることができませんでした。しばらく時間をおいてから再度お試し願います。

Q

 元請けが下請業者に見積り依頼を行う場合、工事内容、工期等の契約内容をできる限り具体的に示さなければなりませんが、それ以外に注意する事項はありますか。【高知・P社】

A

積算期間に十分な余裕を 費用内訳も明示望ましい

 建設業法20条3項において、「建設工事の注文者は、請負契約の方法が『随意契約』による場合は契約を締結する以前に、『競争入札』の場合は入札を行う以前に、請負契約書に記載が義務付けられている14事項のうち、「請負代金の額」を除く13項目について、できる限り具体的に内容を提示する必要があるとしています。…

この記事の全文は、労働新聞・安全スタッフ電子版会員様のみご覧いただけます。

労働新聞・安全スタッフ電子版へログイン

労働新聞・安全スタッフ電子版は労働新聞・安全スタッフ購読者専用のサービスです。

詳しくは労働新聞・安全スタッフ電子版のご案内をご覧ください。

ジャンル:
平成29年9月1日第2289号 掲載

あわせて読みたい

ページトップ