JVの「甲型」「乙型」とは 台帳作成や規制の相違点

2018.10.30
  • TL
  • シェア
  • ツイート
  • クリップしました

    クリップを外しました

    これ以上クリップできません

    クリップ数が上限数の100に達しているため、クリップできませんでした。クリップ数を減らしてから再度クリップ願います。

    マイクリップ一覧へ

    申し訳ございません

    クリップの操作を受け付けることができませんでした。しばらく時間をおいてから再度お試し願います。

Q

 共同企業体(JV)には甲型、乙型とありますがどのような形態で、施工体制台帳はそれぞれどのように作成したらよいのでしょうか。また安衛法にもJVの規定があると聞きましたが、どのような規定か教えてください。【茨城・N社】

A

施工方式で区分したもの 甲型には安衛法適用あり

 共同企業体(ジョイントベンチャー、JV)とは建設企業が単独で受注および施工を行う通常の場合と異なり、複数の建設企業が1つの建設工事を受注、施工することを目的として形成する事業組織体のことをいいます(国土交通省)。

 共同企業体の形態はその活用目的に応じた区分…

この記事の全文は、労働新聞・安全スタッフ電子版会員様のみご覧いただけます。

労働新聞・安全スタッフ電子版へログイン

労働新聞・安全スタッフ電子版は労働新聞・安全スタッフ購読者専用のサービスです。

詳しくは労働新聞・安全スタッフ電子版のご案内をご覧ください。

ジャンル:
平成30年11月1日第2317号 掲載
ページトップ