ガイドラインの内容は? 請負の典型的な違反行為

2013.09.01
  • TL
  • シェア
  • ツイート
  • クリップしました

    クリップを外しました

    これ以上クリップできません

    クリップ数が上限数の100に達しているため、クリップできませんでした。クリップ数を減らしてから再度クリップ願います。

    マイクリップ一覧へ

    申し訳ございません

    クリップの操作を受け付けることができませんでした。しばらく時間をおいてから再度お試し願います。

Q

 元請負人と下請負人との間で、どのような行為が建設業法違反になるかを示したガイドラインがあると聞きましたが、どんな内容でしょうか。【広島・M社】

A

認識ないまま法令違反も 社会保険未加入にも注意

 建設業においては、「不適正な元請、下請関係」等の法令違反が問題となっており、信頼回復のためにも、建設業者が法令順守を徹底することが求められています。

 特に「不当に低い請負代金」「指値発注」「赤伝処理」(編注、元請負人が下請代金の支払い時期に振込み手数料や産廃の処理費用等の諸費用を差し引く(相殺する)行為)等不適正な元請、…

この記事の全文は、労働新聞・安全スタッフ電子版会員様のみご覧いただけます。

労働新聞・安全スタッフ電子版へログイン

労働新聞・安全スタッフ電子版は労働新聞・安全スタッフ購読者専用のサービスです。

詳しくは労働新聞・安全スタッフ電子版のご案内をご覧ください。

ジャンル:
平成25年9月1日第2193号 掲載
ページトップ