請負契約書の記載事項は 解体含む新築工事

2017.11.27
  • TL
  • シェア
  • ツイート
  • クリップしました

    クリップを外しました

    これ以上クリップできません

    クリップ数が上限数の100に達しているため、クリップできませんでした。クリップ数を減らしてから再度クリップ願います。

    マイクリップ一覧へ

    申し訳ございません

    クリップの操作を受け付けることができませんでした。しばらく時間をおいてから再度お試し願います。

Q

 解体工事を含む新築工事を請け負いました。請負契約書にはどのような内容を記載したらよいのでしょうか。【山梨・I社】

A

工期や代金14項目を明示 「リサイクル法」も適用

 建設業法19条1項では請負契約の締結に当たり、契約の内容となる以下の14項目の重要事項を明示した適正な契約書を作成し、原則工事着工前までに署名または記名押印して相互に交付しなければならないとしています。

① 工事内容
② 請負代金の額
③ 工事着手の時期および工事完成の時期
④ 前金払または出来高払いの定めをするときは、その支払いの時期および方法…

この記事の全文は、労働新聞・安全スタッフ電子版会員様のみご覧いただけます。

労働新聞・安全スタッフ電子版へログイン

労働新聞・安全スタッフ電子版は労働新聞・安全スタッフ購読者専用のサービスです。

詳しくは労働新聞・安全スタッフ電子版のご案内をご覧ください。

ジャンル:
平成29年12月1日第2295号 掲載
ページトップ