社保未加入問題の対策は 29年度が最終年度

2018.02.23
Q

 社会保険未加入問題は平成29年度が対策の最終年度となりましたが、29年度で実施された主な対策はどのような項目がありますか。【福島・L社】

A

二次下請け以下も対象 経審ではマイナス査定も

 社会保険加入対策で平成29年度に改正、実施された主な項目は以下のとおりです。

1 国交省直轄工事における社会保険加入対策の強化

 ・従来工事を実施する元請業者・一次下請業者(下請契約3000万円以上)を社会保険等加入業者に限定、また未加入の一次下請業者(下請契約3000万円以上)と契約した場合、特別な事情がなければ、受注者(元請業者)に対し、当該下請金額の10%の違約金を徴収、指名停止および工事成績評価の減点を実施…

この記事の全文は、読者専用サイトにてご覧いただけます。
読者専用サイトへログイン 読者専用サイトへはこちらからログインしてください。
※読者専用サイトは、定期刊行物(労働新聞または安全スタッフ)の購読者専用のサイトです。詳細・利用方法は、読者専用サイトのご案内をご覧ください。
ジャンル:
掲載 : 安全スタッフ 平成30年3月1日 第2301号
ページトップ