バイトあるが失業申請? 手当受給しきれないか

2013.01.15
  • TL
  • シェア
  • ツイート
  • クリップしました

    クリップを外しました

    これ以上クリップできません

    クリップ数が上限数の100に達しているため、クリップできませんでした。クリップ数を減らしてから再度クリップ願います。

    マイクリップ一覧へ

    申し訳ございません

    クリップの操作を受け付けることができませんでした。しばらく時間をおいてから再度お試し願います。

Q

 自己都合で退職した従業員に、早めにハローワークに行くよう勧めたのですが、現在は、友人の紹介で短期のアルバイトをやっているそうです。アルバイト中でも、ハローワークに求職申し込みをしたほうがよいのでしょうか。受給期間が足りなくなるのを心配しています。【長崎・U社】

A

待期期間の満了遅れる 離職翌日から1年が限度

 自己都合退職者ですから、すぐに基本手当が受給されるわけではなく、給付制限の対象になります。給付制限期間中、就労して収入を得ても、基本手当との調整はありませんが、求職の申込みが遅れると不利益を被ります。

 給付制限の期間は、「7日の待期期間の満了後1カ月以上3カ月以内の間で公共職業安定所長の定める期間」(雇保法33条)と定められています。通常は、3カ月とされています。…

この記事の全文は、労働新聞・安全スタッフ電子版会員様のみご覧いただけます。

労働新聞・安全スタッフ電子版へログイン

労働新聞・安全スタッフ電子版は労働新聞・安全スタッフ購読者専用のサービスです。

詳しくは労働新聞・安全スタッフ電子版のご案内をご覧ください。

ジャンル:
平成25年1月15日第2178号 掲載
ページトップ