求人票と異なる条件? 「特定受給資格者」か

2017.10.19
  • TL
  • シェア
  • ツイート
  • クリップしました

    クリップを外しました

    これ以上クリップできません

    クリップ数が上限数の100に達しているため、クリップできませんでした。クリップ数を減らしてから再度クリップ願います。

    マイクリップ一覧へ

    申し訳ございません

    クリップの操作を受け付けることができませんでした。しばらく時間をおいてから再度お試し願います。

Q

 入社1年未満の者が、試用期間の延長等は求人票に記述がなかったはずといい退職を申し出てきました。雇用契約書に規定はあります。特定受給資格者としてほしいといいますがそのとおりなのでしょうか。【福井・N社】

A

自己都合の退職処理も

 職安法改正により、求人票等と労働条件が異なる場合の明示(職安法5条の3第3項)や、試用期間等の内容の明確化が求められることになります(平成30年1月施行)。判例では、求人票の内容を採用後の労働条件とは別としたもの、その内容で労働契約が成立するとしたものいずれもあります。…

この記事の全文は、労働新聞・安全スタッフ電子版会員様のみご覧いただけます。

労働新聞・安全スタッフ電子版へログイン

労働新聞・安全スタッフ電子版は労働新聞・安全スタッフ購読者専用のサービスです。

詳しくは労働新聞・安全スタッフ電子版のご案内をご覧ください。

平成29年10月16日第3132号16面 掲載
ページトップ