申請拒否された場合は? 拡充される教育訓練給付

2014.11.15
  • TL
  • シェア
  • ツイート
  • クリップしました

    クリップを外しました

    これ以上クリップできません

    クリップ数が上限数の100に達しているため、クリップできませんでした。クリップ数を減らしてから再度クリップ願います。

    マイクリップ一覧へ

    申し訳ございません

    クリップの操作を受け付けることができませんでした。しばらく時間をおいてから再度お試し願います。

Q

 平成26年10月から、教育訓練給付の大幅拡充が実施されています。しかし、これまでの制度と比べると、要件が厳しいように感じます。仮に、ハローワークで申請が拒否されたらどうなるのでしょうか。お役所の処分に納得がいかないとき、どのような対抗策が考えられるのでしょうか。【新潟・E子】

A

専門の審査官へ審査請求 法改正で3カ月以内に

 行政処分に不服があるときは、原則的には行政不服審査法に基づき審査請求します。しかし、労働・社会保険(労災・雇保・健保・厚年)の保険給付等に関しては、専門の仕組み(労働保険審査会・社会保険審査会など)が設けられています。

 平成26年に行政不服審査法の全面改正が決まり、それに伴い労働・社会保険審査の規定も見直されています。改正法の施行は平成28年中が予定されています。

 そこで、本欄では、現行の仕組みと改正後の仕組みを併せてご紹介します。…

この記事の全文は、労働新聞・安全スタッフ電子版会員様のみご覧いただけます。

労働新聞・安全スタッフ電子版へログイン

労働新聞・安全スタッフ電子版は労働新聞・安全スタッフ購読者専用のサービスです。

詳しくは労働新聞・安全スタッフ電子版のご案内をご覧ください。

ジャンル:
平成26年11月15日第2222号 掲載
ページトップ