離職理由に配慮? 本人希望と異なるが

2018.04.16
Q

 退職する従業員と離職理由をめぐり意見の相違がありました。本人は意に沿わない自己都合扱いは「不利益取扱い」に当たるといいます。会社として正当な理由がある一方で、本人の希望を尊重すべきといったことがあるのでしょうか。【愛媛・H社】

A

不利益扱いとは別問題

 離職理由にこだわる理由としては、離職から失業給付を受給するまでの給付制限(雇保法33条)の有無や、所定給付日数(法22条、法23条)に差が生じるといったことが考えられます。…

この記事の全文は、読者専用サイトにてご覧いただけます。
読者専用サイトへログイン 読者専用サイトへはこちらからログインしてください。
※読者専用サイトは、定期刊行物(労働新聞または安全スタッフ)の購読者専用のサイトです。詳細・利用方法は、読者専用サイトのご案内をご覧ください。
ジャンル:
掲載 : 労働新聞 平成30年4月16日第3157号16面
ページトップ