基本手当の受給は可能? パートを条件に求職活動

2019.07.30
  • TL
  • ツイート
  • シェア
  • クリップしました

    クリップを外しました

    これ以上クリップできません

    クリップ数が上限数の100に達しているため、クリップできませんでした。クリップ数を減らしてから再度クリップ願います。

    マイクリップ一覧へ

    申し訳ございません

    クリップの操作を受け付けることができませんでした。しばらく時間をおいてから再度お試し願います。

Q

 老親の世話のため、介護休業等の制度も利用しましたが、最終的に退職を選択しました。雇用保険は、受給期間延長の手続きを採っています。しかし、経済上の問題から、求職活動を開始したいと考えています。たとえば、「パートなら働けます」といった条件で、ハローワークに求職申込みができるのでしょうか。【山口・F子】

A

働く意思推定され得る 被保険者相当の条件なら

 基本手当は、一定の被保険者期間がある被保険者が離職し、失業の状態にある場合に支給されます(雇保法13条)。

 常時介護を必要とする親族の疾病負傷により退職を余儀なくされた場合、特定理由離職者となり、離職の日以前1年間に被保険者期間が6カ月あれば、受給資格を得られます。…

この記事の全文は、労働新聞・安全スタッフの定期購読者様のみご覧いただけます。
▶定期購読のご案内はこちら

労働新聞・安全スタッフ電子版へログイン

労働新聞・安全スタッフ電子版は労働新聞・安全スタッフ購読者専用のサービスです。

詳しくは労働新聞・安全スタッフ電子版のご案内をご覧ください。

関連キーワード:
2019年8月1日第2335号 掲載

あわせて読みたい

ページトップ