残業代の時効いつから起算

2013.04.15
  • TL
  • シェア
  • ツイート
  • クリップしました

    クリップを外しました

    これ以上クリップできません

    クリップ数が上限数の100に達しているため、クリップできませんでした。クリップ数を減らしてから再度クリップ願います。

    マイクリップ一覧へ

    申し訳ございません

    クリップの操作を受け付けることができませんでした。しばらく時間をおいてから再度お試し願います。

Q

 未払い残業代をめぐって、個別紛争が頻発しています。賃金の時効は2年間と定められていますが、残業代(割増賃金)の時効はいつが起算点になるのでしょうか。仮に残業が行われた日ごとに把握するとして、深夜をまたぐ時間外労働があった場合、どうなるのでしょうか。【三重・A社】

A

支給日到来で請求権生じる

 労基法上、賃金は2年間、退職手当は5年間、請求を行わない場合、権利が消滅します(115条)。民法では、…

この記事の全文は、労働新聞・安全スタッフ電子版会員様のみご覧いただけます。

労働新聞・安全スタッフ電子版へログイン

労働新聞・安全スタッフ電子版は労働新聞・安全スタッフ購読者専用のサービスです。

詳しくは労働新聞・安全スタッフ電子版のご案内をご覧ください。

ジャンル:
平成25年4月15日第2917号16面 掲載
ページトップ