固定残業代も上昇? 基本給を毎年賃上げ

2019.05.20
  • TL
  • ツイート
  • シェア
  • クリップしました

    クリップを外しました

    これ以上クリップできません

    クリップ数が上限数の100に達しているため、クリップできませんでした。クリップ数を減らしてから再度クリップ願います。

    マイクリップ一覧へ

    申し訳ございません

    クリップの操作を受け付けることができませんでした。しばらく時間をおいてから再度お試し願います。

Q

 近年、最低賃金が大幅に上昇を続けているのを受けて、毎年基本給の賃上げを行っています。当社では従業員に定額の固定残業代を支払っており、こちらの金額も徐々に上げていますが、最近の業績からしてなかなか苦しいところです。それでもやはり、基本給の上昇に伴って金額を上げなければ法律違反になるのでしょうか。 【福岡・C社】

A

法定以上なら違法ではない

 定額の固定残業代を採用している企業等でも、使用者は想定した毎月の時間外労働の時間数と、基本給等のうち「割増賃金の基礎部分」から算出した時間当たりの賃金を考慮して額を決めることも多いと思われます。実際の残業が想定より長時間発生した場合、…

この記事の全文は、労働新聞・安全スタッフの定期購読者様のみご覧いただけます。
▶定期購読のご案内はこちら

労働新聞・安全スタッフ電子版へログイン

労働新聞・安全スタッフ電子版は労働新聞・安全スタッフ購読者専用のサービスです。

詳しくは労働新聞・安全スタッフ電子版のご案内をご覧ください。

ジャンル:
令和元年5月20日第3209号16面 掲載

あわせて読みたい

ページトップ