年収増見込みで高プロ!? 勤務成績の上乗せあり 実績ベースは基準額未満

2019.04.26
  • TL
  • シェア
  • ツイート
  • クリップしました

    クリップを外しました

    これ以上クリップできません

    クリップ数が上限数の100に達しているため、クリップできませんでした。クリップ数を減らしてから再度クリップ願います。

    マイクリップ一覧へ

    申し訳ございません

    クリップの操作を受け付けることができませんでした。しばらく時間をおいてから再度お試し願います。

Q

 改正労基法により、高度プロフェッショナル制度が導入されました。当社にも「新商品開発」に携わる従業員がいます。今のところ法定基準には及ばない賃金レベルですが、「年収」の考え方を確認しておきたいと考えています。たとえば、「昨年度実績では基準以下だったけれど、今年度の頑張り次第では上回りそう」というような微妙なケースでは、どのように判断するのでしょうか。【神奈川・S社】

A

最低保障あれば計上可能

 高プロの対象には、深夜労働も含め、割増賃金に関する規定が一切適用されません。「時間でなく成果で評価される働き方」と称されるゆえんです。長時間労働に歯止めをかけるため、健康・福祉確保措置等に関してはとくに厳格なルールが適用されます。

 同時に年収(支払見込み額を1年換算した賃金額)に関する要件も設定されていて、「労働者の給与平均額(毎月勤労統計が基礎)の3倍を相当程度上回る額」がボーダーとなります(労基法41条の2第1項2号ロ)。具体的には…

この記事の全文は、労働新聞・安全スタッフ電子版会員様のみご覧いただけます。

労働新聞・安全スタッフ電子版へログイン

労働新聞・安全スタッフ電子版は労働新聞・安全スタッフ購読者専用のサービスです。

詳しくは労働新聞・安全スタッフ電子版のご案内をご覧ください。

ジャンル:
令和元年5月6日第3207号16面 掲載

あわせて読みたい

ページトップ