フレックスの不足分いつ清算? 所定時間割り込む月が連続 「翌日繰越し」どこまで続く

2014.03.10
  • TL
  • シェア
  • ツイート
  • クリップしました

    クリップを外しました

    これ以上クリップできません

    クリップ数が上限数の100に達しているため、クリップできませんでした。クリップ数を減らしてから再度クリップ願います。

    マイクリップ一覧へ

    申し訳ございません

    クリップの操作を受け付けることができませんでした。しばらく時間をおいてから再度お試し願います。

Q

 フレックスタイム制の職場で、「1カ月の所定労働時間に達しないときは、翌月繰越し(清算)」で処理をしていました。ところが、メンタル不調気味の従業員が「2カ月続けて所定労働時間を割り込む」という事態が発生しました。このまま勤務不足が続く場合、「キャリー・オーバー」がどこまでも続くのでしょうか。【東京・N社】

A

2カ月目に賃金カットを

 賃金は、毎月払い・全額払いが原則で(労基法24条)、フレックスタイム制でも1カ月ごとに賃金清算を行います。しかし、「始・終業の時刻を本人にゆだねる」ため、各月の実労働時間が所定労働時間の枠と大きく食い違うケースも発生します。…

この記事の全文は、労働新聞・安全スタッフ電子版会員様のみご覧いただけます。

労働新聞・安全スタッフ電子版へログイン

労働新聞・安全スタッフ電子版は労働新聞・安全スタッフ購読者専用のサービスです。

詳しくは労働新聞・安全スタッフ電子版のご案内をご覧ください。

ジャンル:
平成26年3月10日第2960号16面 掲載

あわせて読みたい

ページトップ