「自称親族」に退職金払う? 請求から7日以内の規定 本人死亡し両親と連絡取れず

2017.03.13
  • TL
  • シェア
  • ツイート
  • クリップしました

    クリップを外しました

    これ以上クリップできません

    クリップ数が上限数の100に達しているため、クリップできませんでした。クリップ数を減らしてから再度クリップ願います。

    マイクリップ一覧へ

    申し訳ございません

    クリップの操作を受け付けることができませんでした。しばらく時間をおいてから再度お試し願います。

Q

 従業員が在職中に死亡し、賃金・退職金を支払うことになりました。本人は独身で、ご両親と連絡が取れません。他に親族と名乗る人物が現れた場合、支払っても問題がないのでしょうか。「請求があれば、7日以内に支払う」という規定は、どの範囲の親族まで、適用があるのでしょうか。【奈良・T社】

A

相続人である証明求める

 賃金は、支払日が到来して初めて請求権が生じます。しかし、死亡または退職の場合、「権利者の請求により7日以内に賃金その他の金品を返還」する必要があります(労基法23条)。

 事由として、…

この記事の全文は、労働新聞・安全スタッフ電子版会員様のみご覧いただけます。

労働新聞・安全スタッフ電子版へログイン

労働新聞・安全スタッフ電子版は労働新聞・安全スタッフ購読者専用のサービスです。

詳しくは労働新聞・安全スタッフ電子版のご案内をご覧ください。

ジャンル:
平成29年3月13日第3104号16面 掲載
ページトップ