歩合給の設定に制限? 固定給との割合や職種

2014.11.10
  • TL
  • シェア
  • ツイート
  • クリップしました

    クリップを外しました

    これ以上クリップできません

    クリップ数が上限数の100に達しているため、クリップできませんでした。クリップ数を減らしてから再度クリップ願います。

    マイクリップ一覧へ

    申し訳ございません

    クリップの操作を受け付けることができませんでした。しばらく時間をおいてから再度お試し願います。

Q

 営業職の社員が成績を伸ばした場合などにインセンティブを与える意味で、歩合給を設定できないか検討しています。固定給を残しつつ一部に歩合給を導入する形を想定していますが、比率はどの程度まで許容されるのでしょうか。また、いかなる職種にも適用できるのでしょうか。【長崎・C社】

A

比率任意だが最低保障必要

 固定給と歩合給の比率については労基法の規定はなく、歩合給のみの賃金も制度上は可能です。ただし歩合制や出来高制では、…

この記事の全文は、労働新聞・安全スタッフ電子版会員様のみご覧いただけます。

労働新聞・安全スタッフ電子版へログイン

労働新聞・安全スタッフ電子版は労働新聞・安全スタッフ購読者専用のサービスです。

詳しくは労働新聞・安全スタッフ電子版のご案内をご覧ください。

ジャンル:
平成26年11月10日第2992号16面 掲載

あわせて読みたい

ページトップ