歩合給の保障いつ計算? 成績変動が大きい業務 固定給部分引き下げる

2016.06.27
  • TL
  • ツイート
  • シェア
  • クリップしました

    クリップを外しました

    これ以上クリップできません

    クリップ数が上限数の100に達しているため、クリップできませんでした。クリップ数を減らしてから再度クリップ願います。

    マイクリップ一覧へ

    申し訳ございません

    クリップの操作を受け付けることができませんでした。しばらく時間をおいてから再度お試し願います。

Q

 歩合給の比率アップを検討しています。固定給のウエートを下げた場合、保障給の設定が必要になると聞きました。当社の業務は成績の変動が大きく、歩合給は一時期に集中して発生しがちです。「労働時間に応じた保障」をすべきといいますが、どの程度のスパンで「保障の要否」を判断するのでしょうか。【大分・F社】

A

出来高算定期間と連動を

 個々人の働きが「売り上げ・出来高」などの形で把握できる場合、歩合給・出来高払給等を導入すると勤労意欲のアップにつながります。しかし、単純な成績比例システムは、労働強化を招くおそれがあります。…

この記事の全文は、労働新聞・安全スタッフ電子版会員様のみご覧いただけます。

労働新聞・安全スタッフ電子版へログイン

労働新聞・安全スタッフ電子版は労働新聞・安全スタッフ購読者専用のサービスです。

詳しくは労働新聞・安全スタッフ電子版のご案内をご覧ください。

ジャンル:
平成28年6月27日第3070号16面 掲載

あわせて読みたい

ページトップ