年休に歩合部分なし? 退職月の数日のみ出勤 一部欠勤時は出たはず

2018.07.20
  • TL
  • ツイート
  • シェア
  • クリップしました

    クリップを外しました

    これ以上クリップできません

    クリップ数が上限数の100に達しているため、クリップできませんでした。クリップ数を減らしてから再度クリップ願います。

    マイクリップ一覧へ

    申し訳ございません

    クリップの操作を受け付けることができませんでした。しばらく時間をおいてから再度お試し願います。

Q

 先日、会社を退職したのですが、年休の賃金で疑問があります。最終月は8日出勤し、残っていた年休13日を消化しました。賃金の一部が歩合給で定められていますが、総務担当者は「年休の13日間については歩合がつかないので、賃金が低くなった」といいます。しかし、以前、病気で1週間ほど休んだときは、こんな扱いではなかった気がします。総務のいい分が正しいのでしょうか。【佐賀・K生】

A

売上げから時間単価算出

 年休取得時には、①平均賃金、②通常の賃金、③健保の標準報酬月額の30分の1(要労使協定)のいずれかを支払います(労基法39条7項)。①平均賃金、③標準報酬月額の30分の1を採用している場合、最終月の歩合給が少なくても、年休賃金に影響しません。ですから、②通常の賃金を支払っているとして説明します。

 ②方式で支払うべき賃金は、労基則25条で定められています。ご質問者に関係がありそうなのは、次の2つです。…

この記事の全文は、労働新聞・安全スタッフ電子版会員様のみご覧いただけます。

労働新聞・安全スタッフ電子版へログイン

労働新聞・安全スタッフ電子版は労働新聞・安全スタッフ購読者専用のサービスです。

詳しくは労働新聞・安全スタッフ電子版のご案内をご覧ください。

ジャンル:
平成30年7月23日第3170号16面 掲載

あわせて読みたい

ページトップ