歩合給を150%増しか 月60時間超えて残業 中小の適用猶予切れる?

2013.08.05
  • TL
  • シェア
  • ツイート
  • クリップしました

    クリップを外しました

    これ以上クリップできません

    クリップ数が上限数の100に達しているため、クリップできませんでした。クリップ数を減らしてから再度クリップ願います。

    マイクリップ一覧へ

    申し訳ございません

    クリップの操作を受け付けることができませんでした。しばらく時間をおいてから再度お試し願います。

Q

 当社では、歩合給を中心とする形で賃金体系を再編したいと考えています。中小企業については、「月60時間超の時間外割増率5割」の規定が適用猶予となっていますが、猶予の廃止も検討されていると聞きます(本紙平成25年5月13日付1面)。仮に割増率が5割となった場合、歩合給の計算はどうなるのでしょうか。【熊本・T社】

A

50%部分のみで足りる

 「月60時間超の割増賃金率5割」の規定は、「中小事業については、当分の間、適用しない」という猶予規定が設けられています(労基法138条)。さらに、附則で「施行(平成22年4月1日)後3年を経過した時点で、検討を加える」と定められています(3条)。

 あくまで「検討」であって、方針が確定しているわけではありませんが、参考のため歩合給の扱いを確認しましょう。…

この記事の全文は、労働新聞・安全スタッフ電子版会員様のみご覧いただけます。

労働新聞・安全スタッフ電子版へログイン

労働新聞・安全スタッフ電子版は労働新聞・安全スタッフ購読者専用のサービスです。

詳しくは労働新聞・安全スタッフ電子版のご案内をご覧ください。

ジャンル:
平成25年8月5日第2931号16面 掲載
ページトップ