平等の趣旨と矛盾? 女性活躍推進法の制定で

2014.10.27
  • TL
  • シェア
  • ツイート
  • クリップしました

    クリップを外しました

    これ以上クリップできません

    クリップ数が上限数の100に達しているため、クリップできませんでした。クリップ数を減らしてから再度クリップ願います。

    マイクリップ一覧へ

    申し訳ございません

    クリップの操作を受け付けることができませんでした。しばらく時間をおいてから再度お試し願います。

Q

 「女性活躍推進法」が制定されるという記事をみました(平成26年9月1日付本紙1面)が、最近では男性に対するセクハラを認めるなど、性別によって扱いを変えない方向で制度が改正されていると認識しています。新しい法律は女性を優遇しているようですが、現行の均等法等と矛盾しないのでしょうか。【青森・W社】

A

不平等解消促進が目的

 均等法は雇用における男女の機会均等などを図ることをめざしていますが、一方で従来から営業職や管理職に女性が少なかった状況に鑑み、このような不平等を解消する目的で事業主が…

この記事の全文は、労働新聞・安全スタッフ電子版会員様のみご覧いただけます。

労働新聞・安全スタッフ電子版へログイン

労働新聞・安全スタッフ電子版は労働新聞・安全スタッフ購読者専用のサービスです。

詳しくは労働新聞・安全スタッフ電子版のご案内をご覧ください。

ジャンル:
平成26年10月27日第2990号16面 掲載
ページトップ