派遣先は規制されず? 女性への不利益取扱い

2017.09.12
  • TL
  • シェア
  • ツイート
  • クリップしました

    クリップを外しました

    これ以上クリップできません

    クリップ数が上限数の100に達しているため、クリップできませんでした。クリップ数を減らしてから再度クリップ願います。

    マイクリップ一覧へ

    申し訳ございません

    クリップの操作を受け付けることができませんでした。しばらく時間をおいてから再度お試し願います。

Q

 派遣先の会社に、女性スタッフの妊娠や出産を理由として、派遣契約を途中で打ち切れない旨を説明したのですが、「均等法で規制しているのはスタッフを直接雇用している派遣元で、雇用関係のない派遣先は対象外では」といわれました。確かに均等法には派遣先向けの規定が見当たりませんが、では派遣先は妊娠等を理由に契約解除できるのでしょうか。【京都・D社】

A

法で雇用主とみなして適用

 均等法9条3項は、事業主に「雇用する女性労働者」の「妊娠または出産に関する事由」を理由とした解雇等の不利益取扱いを禁じています。文言上は女性労働者の雇用主、すなわち派遣労働者なら派遣元が対象です。

 しかし派遣法47条の2に「読み替え規定」があり、…

この記事の全文は、労働新聞・安全スタッフ電子版会員様のみご覧いただけます。

労働新聞・安全スタッフ電子版へログイン

労働新聞・安全スタッフ電子版は労働新聞・安全スタッフ購読者専用のサービスです。

詳しくは労働新聞・安全スタッフ電子版のご案内をご覧ください。

ジャンル:
平成29年9月11日第3128号16面 掲載
ページトップ