休職扱いは不利益? 産休前の勤務困難で

2016.09.19
  • TL
  • シェア
  • ツイート
  • クリップしました

    クリップを外しました

    これ以上クリップできません

    クリップ数が上限数の100に達しているため、クリップできませんでした。クリップ数を減らしてから再度クリップ願います。

    マイクリップ一覧へ

    申し訳ございません

    クリップの操作を受け付けることができませんでした。しばらく時間をおいてから再度お試し願います。

Q

 当社のパート従業員が妊娠悪阻により、休業を早めたいといいます。法定の産前休業開始はだいぶ先ですが、通常の私傷病休職の発令で問題ないでしょうか。「不利益取扱い」が心配です。【岐阜・I社】

A

健康管理措置に「休業」含む

 事業主は、妊娠中および出産後の女性労働者が保健指導または健康診査を受けるため、必要な時間を確保しなければならず(均等法12条)、…

この記事の全文は、労働新聞・安全スタッフ電子版会員様のみご覧いただけます。

労働新聞・安全スタッフ電子版へログイン

労働新聞・安全スタッフ電子版は労働新聞・安全スタッフ購読者専用のサービスです。

詳しくは労働新聞・安全スタッフ電子版のご案内をご覧ください。

ジャンル:
平成28年9月19日第3081号16面 掲載
ページトップ