転勤の打診せず差別的扱い? 過去難色示した者を除外 7月から改正規則や告示施行

2014.07.21
  • TL
  • シェア
  • ツイート
  • クリップしました

    クリップを外しました

    これ以上クリップできません

    クリップ数が上限数の100に達しているため、クリップできませんでした。クリップ数を減らしてから再度クリップ願います。

    マイクリップ一覧へ

    申し訳ございません

    クリップの操作を受け付けることができませんでした。しばらく時間をおいてから再度お試し願います。

Q

 地方支社の管理職ポストに空きができ、異動を実施します。適任と思われる候補者を2人選出しましたが、1人は過去に転勤に難色を示した経緯があり、他の1人に決定しました。ところが、選に漏れた従業員が「転勤要件に基づく差別で、均等法に反する」と猛反発しています。当社の対応に問題があるでしょうか。【神奈川・M社】

A

昇進要件にはできない

 役職への昇進人事は、「基本的には企業の裁量的判断を尊重すべきことがらで、法はあまり介入すべきでない」とされています(菅野和夫「労働法」)。

 しかし、平成26年7月1日から改正均等則・告示が施行されています(平成26年5月26日付本誌16面)。会社が「総合的に能力適性を判断して決定した人事」に対して、…

この記事の全文は、労働新聞・安全スタッフ電子版会員様のみご覧いただけます。

労働新聞・安全スタッフ電子版へログイン

労働新聞・安全スタッフ電子版は労働新聞・安全スタッフ購読者専用のサービスです。

詳しくは労働新聞・安全スタッフ電子版のご案内をご覧ください。

ジャンル:
平成26年7月21日第2977号16面 掲載
ページトップ