マタハラ発言の責任あるか パート妊娠し進退確認 上司がリーダーに依頼

2016.09.12
  • TL
  • シェア
  • ツイート
  • クリップしました

    クリップを外しました

    これ以上クリップできません

    クリップ数が上限数の100に達しているため、クリップできませんでした。クリップ数を減らしてから再度クリップ願います。

    マイクリップ一覧へ

    申し訳ございません

    クリップの操作を受け付けることができませんでした。しばらく時間をおいてから再度お試し願います。

Q

 職場の同僚の話では、今後、マタニティハラスメント関係の規制が厳しくなるようです。私はパートのリーダー職を勤めていて、上司とパートの板挟みの立場にあります。チームの女性が妊娠した際、「周囲に迷惑をかけないよう、自分で進退等を判断してください」と伝達するよう依頼された経験があります。こうした発言が問題となった場合、私が責任を問われるのでしょうか。【福岡・C社】

A

「個人的逸脱」も禁止に

 平成29年1月1日から、改正均等法・育介休業法が施行されます。これに合わせ、関連指針(平成28・8・2厚労省告示312号〜314号)も整備されました。…

この記事の全文は、労働新聞・安全スタッフ電子版会員様のみご覧いただけます。

労働新聞・安全スタッフ電子版へログイン

労働新聞・安全スタッフ電子版は労働新聞・安全スタッフ購読者専用のサービスです。

詳しくは労働新聞・安全スタッフ電子版のご案内をご覧ください。

ジャンル:
平成28年9月12日第3080号16面 掲載

あわせて読みたい

ページトップ