生活費も賃金になる? 住込みでの就業を希望

2019.04.02
  • TL
  • シェア
  • ツイート
  • クリップしました

    クリップを外しました

    これ以上クリップできません

    クリップ数が上限数の100に達しているため、クリップできませんでした。クリップ数を減らしてから再度クリップ願います。

    マイクリップ一覧へ

    申し訳ございません

    クリップの操作を受け付けることができませんでした。しばらく時間をおいてから再度お試し願います。

Q

 スキューバダイビングのインストラクターとして働きたいと、都会から島のリゾートホテルに住込みでの就職を希望してきた若者がいます。受け入れるに当たり、給料を支払うほか生活費も一部まかなうことになりそうなのですが、法律上賃金として取り扱うのはどのようなものなのか、いくつか例を挙げて教えてください。【沖縄・U社】

A

使用者の払う「対償」が該当

 賃金は「通貨払い」が原則ですが(労基法24条1項)、労働者の同意を得た口座振込み(労基則7条の2)や、労働組合との協約で取り決めた現物支給など例外もあります。

 そもそも賃金とは、…

この記事の全文は、労働新聞・安全スタッフ電子版会員様のみご覧いただけます。

労働新聞・安全スタッフ電子版へログイン

労働新聞・安全スタッフ電子版は労働新聞・安全スタッフ購読者専用のサービスです。

詳しくは労働新聞・安全スタッフ電子版のご案内をご覧ください。

ジャンル:
平成31年4月1日第3203号16面 掲載

あわせて読みたい

ページトップ