在宅勤務でも育休給付か 賃金支払うとどう調整

2016.04.15
  • TL
  • シェア
  • ツイート
  • クリップしました

    クリップを外しました

    これ以上クリップできません

    クリップ数が上限数の100に達しているため、クリップできませんでした。クリップ数を減らしてから再度クリップ願います。

    マイクリップ一覧へ

    申し訳ございません

    クリップの操作を受け付けることができませんでした。しばらく時間をおいてから再度お試し願います。

Q

 勤続年数が比較的長い女性従業員が育児休業に入りますが、代替要員の選考に苦慮しています。聞くところによると、「在宅勤務しながら、育児休業給付を受けることも可能」だということです。後任の若手従業員が対応できない分の仕事を、在宅勤務で処理するという案を考えています。賃金を支払った場合、育児休業給付金はどのように調整するのでしょうか。【大分・K社】

A

就業時間80時間以下なら 開始当初は13%超で減額

 育児休業期間中、通常は一切の労働義務が免除されます。しかし、休業の初日と末日を定めたうえで、途中で労務を提供する契約とすることも可能です。…

この記事の全文は、労働新聞・安全スタッフ電子版会員様のみご覧いただけます。

労働新聞・安全スタッフ電子版へログイン

労働新聞・安全スタッフ電子版は労働新聞・安全スタッフ購読者専用のサービスです。

詳しくは労働新聞・安全スタッフ電子版のご案内をご覧ください。

ジャンル:
平成28年4月15日第2256号 掲載
ページトップ