雇止めの救済措置あるか 無期転換直前に「更新上限」

2018.04.09
  • TL
  • シェア
  • ツイート
  • クリップしました

    クリップを外しました

    これ以上クリップできません

    クリップ数が上限数の100に達しているため、クリップできませんでした。クリップ数を減らしてから再度クリップ願います。

    マイクリップ一覧へ

    申し訳ございません

    クリップの操作を受け付けることができませんでした。しばらく時間をおいてから再度お試し願います。

Q

 もうすぐ労契法に基づく無期転換の対象(通算雇用期間5年超)になると思っていたら、会社から雇止めにされてしまいました。担当者は、「更新上限が設定されている」といいますが、納得がいきません。何か救済措置はないのでしょうか。【新潟・K生】

A

所定給付日数を上乗せ 3年未満でも特定理由

 雇止めの合理性については別に考えるとして、本欄では雇保の給付内容についてご説明します。

 基本手当の所定給付日数は、年齢・被保険者だった期間・離職の理由等に基づいて決まります。非自発的離職者(解雇・本人希望に反する雇止め等)と一般的な離職者(定年退職等も含みます)では給付水準が異なり、前者の方が手厚くなっています。

 お尋ねのケースで、所定給付日数の優遇がある「特定受給資格者」等に該当するかどうか、検討しましょう。…

この記事の全文は、労働新聞・安全スタッフ電子版会員様のみご覧いただけます。

労働新聞・安全スタッフ電子版へログイン

労働新聞・安全スタッフ電子版は労働新聞・安全スタッフ購読者専用のサービスです。

詳しくは労働新聞・安全スタッフ電子版のご案内をご覧ください。

ジャンル:
平成30年4月15日第2304号 掲載
ページトップ